ホワイトジンジャーの香り|香水・練り香水・デュフューザー・キャンドル・ルームフレグランス・芳香剤・ボディオイル・マッサージオイル・ボディソープ・ボディミスト・ボディクリーム・ボディローション・ボディスプレー・ボディバター・ボディミルク・コロン・シャンプー・石鹸・入浴剤・バスソルト・スクラブ・パフューム・アロマ

ホワイトジンジャーのイメージ画像
この香りについて
ホワイトジンジャーの香りは、甘くもなくひつこい香りでもなく、香りの表現が難しいのですが、一般的にさっぱり感のある良い花の香りと例えられます。楽しかったハワイの思い出をきっと思い出さしてくれるかもしれません。

ハワイの空港に降り立った時に感じる香りの3種類のうちの一つの香りです。それはプルメリア、ココナッツにこのジンジャーの香りがブレンドされた香りと言われています。ジンジャーの香りはプルメリアほど華やかではなく、ココナッツほどトロピカルでもないアクセントのある良い香りです。

"ほとんど何でも成長することが出来るハワイの土地には、ジンジャーの多くの品種があります。白い花を供えたハワイアンジンジャーはアワプヒ・ケオケオと呼ばれています。ホワイトジンジャーはシュクシャ(ハナシュクシャ)と名付けられています。原産国は、東南アジアのインド、マレーシア。1mから2mほどに成長し、5〜6cmほどの花をつけます。
甘い芳香な香りはハワイの人たちにも愛され、観賞用としてやレイとして、あるいは香水として利用されています。ホワイトジンジャーの香りは、夕暮れとともに強くなり成長しています。花は数日で落ちますが、夏場を中心に次々と花を咲かせます。
ハワイ語でアワプヒは、ショウガ科の植物のことで、ケオ・ケオは白色を意味しますので、アワプヒ・ケオケオをホワイトジンジャーといいます。一般的にはアワプヒをホワイトジンジャーを指すことがおおいです。繁殖力が非常に強いので、ハワイでは有害植物に指定されています。日本では、庭花として、最近にあんりよく見かけるようになってきています。
ジンジャーの仲間はホワイトジンジャーを合わせて合計4種類あります。
ホワイトジンジャー(アワプヒ・ケオ・ケオ)
イエロージンジャー(アワプヒ・メレメレ)
カヒリジンジャー(アヴァプヒ・カヒリ)
ターメリック(オーレナ)
これら4つのジンジャーはハワイでもよく知られています。
"

18 件中 1-15 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ







18 件中 1-15 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ